おもい綴り

アクセスカウンタ

zoom RSS パラドックス13を読みました

<<   作成日時 : 2009/07/12 15:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

本が大好きな私に、彼が本を買ってくれました。

新品の本を読むなんて、なんて贅沢なんだろう・・


東野圭吾の「パラドックス13」です。

なぜ東野圭吾?
あたし好きって言ったっけ?特に言ってないと思うけど・・・。

ともあれ読んでみる。

結論からいうと、ふむ・・・・・。って感じ。

まず、最初がもやもやっと始まる。
これから何かが起きそうだ、という感じで始まる。
起こったら起こったで、中間部分が長い!!!!

まぁ正直、ここが1番辛かった。
中間部分が長いんだよね。
未知なる世界の時間が。

帯にある通り、現世界の善悪と別のものさしが必要になる、そういう世界があって
その世界でどうにか生きるためには意識改革が必要とならざるを得なくて
いやそういうのはよくわかるんだけど、なんつーか、こま切れ的な空気は否めなかったっす。

単にそういうことっす。

最後は、なんというかあっけなかった。
そっかぁ〜って感じ。

東野圭吾って殆ど読まないけど、昔の作品は赤川次郎的だった気がする。
最近の、ドラマになった作品とか、図書館で数冊サラッと読んだだけだけど。
随分変わったの?

折角彼が買ってくれた、高い本なので(あんなに厚いの、自分じゃ買えないよ!)
大事に保管したいと思います。

今は、彼が貸してくれた「村上ラジヲ」(あってたかな?)を読んでいます。

読みやすくて、今のところ面白い〜。



パラドックス13
毎日新聞社
東野 圭吾

ユーザレビュー:
あ?しんど…長くてう ...
無理を感じました面白 ...
おもしろい私は二日で ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
パラドックス13を読みました おもい綴り/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる